2020年08月23日




 



●建築ブームがやってきた●

私は、長野の山の中にある村で生まれました。

幼少の頃、おとなしかった私は、よその人が
来たら隠れるぐらいの引っ込み思案でした。

中学ぐらいになってからは、成績が比較的
良くて、だんだん自信がついてきました。

でも、家がものすごく貧乏だったので、
中学を卒業したらすぐ就職しようと思って
いたのです。

しかし親は、「何とか高校まで行きなさい」
と言ってくれました。

当時は、日本中が高度成長期の中にあり、
建築ブームで、いわゆる建築家という職業は
エリートでしたから、私はそれに憧れて、
高校の建築科を選びました。

私が埼玉のゼネコンに入社したのは、
昭和45年、大阪万博の年です。

世の中は活気に溢れ、大きなものがどんどん
作られていました。

新幹線も通っていき、高速道路もバンバン
できていったのです。

入社後の私は、若手の中では一番の出世頭で
20代で大型プロジェクトの責任者を任される
ようになりました。

ある総合病院のプロジェクトでは、
2億円以上の利益を出したのです。

その頃は、初任給が26,000円ぐらい
でした。
。現代で言えば、2億円は
16?17億円くらいの価値があります。

それでまた自分の評価に拍車がかかり、
会社や周囲から認められるようになりまし
た。

それに世の中の動きにとても勢いがあった
ので、毎年2割ぐらい給料が上がっていく
のです。

今では考えられませんが新卒を採用するたび
初任給は2割アップしていきました。

私が34才ぐらいの時のことです。(ざっくり言えば)

レース場のプロジェクトの責任者となった
のですが、ちょうどその頃、バブル経済が
始まりました。

それで何が起きたかは、、ものすごい
勢いで人件費や物の代金が上がっていった
のです。

プロジェクトは入札でしたから、
予算は最初から決まっていました。

その後、どんどん人件費や物の代金が急騰
していったので、プロジェクトはスタート前
から大赤字になってしまいました。

私はいつも利益をトップクラスで出して
いましたし、もちろん赤字など、
それまで一度も出したことがないです。

赤字予想は6億円の高額になっていました。
現在の値段に換算すれば、数十億円になる

このプロジェクトは大きいだけに工事施工の
期間が長く、3年の工期がかかります。

それでも最後には、「大赤字を出した」と
いう会社の評価が待っているのです。

それを承知の上で、何年もやらなくては
いけないのは、すごくつらいことでした。

そして、ついに私はうつになってしまった
のです。


 

2020年08月09日

精神医療と老人医療の現場で働いてこられた前回は、管理職になったことをきっかけに不安と心の不調和を感じるようになり、佐藤康行真我メソッド(YSメソッド)の受診に進んでいかれた様子をお届けしました。

2日間集中カリキュラムを受診して、自分の中にとてつもない愛と感謝の気持ちがあることを発見して笑顔が溢れるようになり「これで全てが良くなるに違いない」と思うようになられたのですが……。


今日の体験談の中に、寛解していく方に共通するポイントがあります。

一つは、継続です。
2か月の休職をきっかけに、これまで以上に頻繁に受診しカリキュラムを継続していかれました。

二つ目は、自宅でのホームカリキュラムに熱心に取り組まれたことです。
この2つは、早く確実に寛解していく方々に共通するものです。


カリキュラムを受診して、愛と感謝の心に溢れても、戻っていく日常は元の環境です。
その環境に影響されて、元の心が戻ってきてしまうこともあります。

その時にどうすればいいのか。


それは、心の間を空けないように、クリニックや自宅でのワークに継続して取り組み、心の状態をさらに上げていくことです。

心の間を空けると、そこにマイナスの心が入ってくることがあります。
だから、愛と感謝の心の方へと、自分で心のハンドルを握れるようにするのです。

心の状態をさらに上げていけば、どんな環境の元でも愛と感謝の心でいられるようになります。


今日の体験談では、時間を惜しまず受診し、自宅でのワークに取り組んだ結果、職場に復帰しても自然と愛と感謝の気持ちを実践していけるようになった姿が語られました。

そして、これまで自分の中にあった「自分を認めて欲しい」という気持ちが「みんなを認めてあげる」へと変化したことが話されています。

心の状態が上がり、とらえ方が変化した証です。

こうなれば、もう大丈夫です。この方のように、心の状態と同時に、人間関係もますます良くなって、もはや環境は病の原因ではなく、あなたの人生を応援してくれるものになります。

ぜひ今日の体験談を、治療のヒントにしていただければと思います

次回は、パート4【心と体の、相関関係が分かった】です。

「YSメソッドは単に病気を治すだけのものではない」という実体験から得た、本当の医療と健康のあり方を、医療従事者の視点から語ってくださいます。

今すぐ、オンラインでご自宅からご参加いた だけます。      https://www.ysmethod.online/lp_sikumi/ 



 




YSこころのクリニック│ 

2020年05月27日

妻との衝突、仕事の不調で患った!うつ病が完治! ≪パート2≫

●うつで休職、妻の自殺未遂でドン底に●

いよいよ私の心身が限界に達したのは、昨年の初めくらいからです。

2つの部署の部長をしていましたが、双方の部署で相反することが起こり、その調整で板挟みになってしまいました。

夜は23?24時まで仕事をするのが当たり前。
ほとんど毎週、土日も出社していました。

上司に相談しても、励ましの言葉をかけられるどころか「逃げているだけ」「小学生にもできる仕事だぞ」と言われ、それが罵声にしか聞こえず、責められているように感じたのです。

誰かに相談すればするほど悪化する、負のスパイラルに陥っていました。

今思えば、当時の自分は根回しベタで、人を労うこともできていなかったと思います。

人も信じられず、任せることができないので何でも自分でやろうとしてしまい、誰も協力してくれなくなりました。

頑張れば頑張るほど「人をうまく使えない」ということで評価も下がってしまいました。
昨年の4月には、上司からの事前相談もなく突然の異動辞令。

プライドがズタズタになった私は、数日もしないうちに出社できなくなり、そのまま病院に行きました。

医師からうつ病の診断を受けた私は、それを会社に報告した途端、即休職することになったのです。

休職してからどうしてよいか分からない私に対して、妻はあなたが悪いと責めるばかり。

どんどんおかしくなる私を「これはまずい」と思ったのでしょう、息子が見るに見かね妻のいない隙に私を連れ出してくれ、少しの間、甲信越地方にある実家に帰ること
になりました。

休職が決まった後の1週間はもうメチャクチャで、記憶が曖昧です。

仕事を放り出して来てしまった罪悪感もありますし、休んだはずなのに会社から呼び出されたりして、会社への不信感も
募っていきました。

5月中旬には多少良くなり、産業医と面談をして復帰が決まりましたが、今度は反対に妻がおかしくなりました。

私の仕事復帰の2日前、マンションから飛び降り自殺を図ったのです。

偶然屋上で仕事をしていた工事の職人さんが
気づいて止めてくれました。

その後何度か自殺を図り最終的には警察が来て大騒動になり、
ただちに措置入院が決定。

1ヵ月で退院しましたが良くならず、また入院……。

私を支えてくれた息子も順調とは言えず、勉強も仕事もしないで引きこもり、家族はバラバラの状態でした。



 

リンク集


【うつ病の治療】
【バイク買取 おすすめ】
【YSこころのクリニック】








  • ライブドアブログ

SEO対策テンプレート